HMBマッスルプレス

現在の体型に不満がありますか?
だとしたら何か対策を取っているでしょうか?
スポーツジムに通う?
自宅で筋トレする?
食事を改める?
現実的には時間もコストもなかなか大変ですよね。
そんな中、簡単にできる方法があります。
サプリメント(栄養補助食品)ですが、筋肉を育てるサプリがあるんです。
アメリカで大人気の商品で、プロティンの上を行く優れものであり、なんと元プロボクサーの長谷川穂積さんも愛用しています。
今回はそんな優れものサプリ「HMBマッスルプレス」をご紹介します。

HMBマッスルプレスとは?

HMBマッスルプレスとは、簡単に言うと、HMBを主成分にした筋肉サポート系サプリメントです。
このHMBは、知っている人は知っている、知らない人はまったく知らない、比較的新しいサプリになります。
HMBの日本上陸が2010年で、現在ではネットでちょっと調べただけでも、たくさんのHMB関連商品が販売されています。
HMBはタンパク質の一種ですが、普通の状態のものではありません。
タンパク質が分解してペプチドになり、それが分解してアミノ酸になり、そのアミノ酸の一種がロイシンで、さらにロイシンが変化したものがHMBです。
効果としては、ダイレクトに筋肉を育てるものになります。
通常、筋トレに励む方はプロティンを飲んでいますが、あれはタンパク質そのものです。
分解される前の状態なのですね。
実際に筋肉を育成するものはHMBです。
摂取したタンパク質が体の中で分解されて、さらに分解されてロイシンになり、さらにそれがやっとHMBになるのですが、ここまでくるまでに、時間がかかり、量も少量になってしまいます。
1日に必要なHMBは3グラムですが、そのためには60グラムものロイシンが必要です。
さらにそのためには、プロティンがなんと20杯も必要なのです。
ちょっと非現実的な量ですね。
つまり、直接HMBを摂取した方が、効率もよく、効果もダイレクトに現れるわけです。

成分

HMBマッスルプレスに入っている成分をご紹介しましょう。
主成分はもちろんHMBで、そのほかにカルシウムも配合されています。
HMBの分量は、HMBマッスルプレス1瓶でなんと45000ミリグラムです。
具体的には、1粒中に250ミリグラムを含有しています。
目安は1日6粒なので、1日に基本量はHMB1500ミリグラムになりますね。
HMBの飲み過ぎはおすすめしませんが、ある程度の増減は可能で、目安は1日あたり、許容は1500~3000ミリグラムです。
プロティンに換算すると、プロティンパウダーを水でシェイクしたプロティンドリンクで、まさに10~20杯分に匹敵します。
これだけ多くのプロティンドリンクを飲む方はまずいないので、どれだけ筋肉のもとになるか分かるのではないでしょうか。
しかも毎日飲むわけです。
人間のカラダは日々、栄養素として摂取したもので作られているため、今とは全然ちがったボディになることができます。
花や農作物などの植物と同じで、筋肉も育てるのですね。
HMBマッスルプレスの成分は、非常にシンプルなものだけに限定されており、肉体改造にストレートに効くでしょう。

筋トレ好きな人に効果のある成分

筋トレ好きな人が飲み物や食べ物は、もちろんプロティン系のものです。
なぜなら筋肉の育成に必要とされているからです。
プロティンパウダー、プロティンドリンク、プロティンバー、鶏肉、豚肉、牛肉、魚、たまご、牛乳、チーズ…。
人間のカラダはタンパク質でできており、細胞だけでなく、爪も髪も臓器、そして筋肉もすべてタンパク質による構成です。
唯一違うのが、骨で、骨はカルシウムからできています。
HMBマッスルプレスには、これらがたっぷりと含まれています。
しかも、分解された一番末端のHMBの形で含有されていますよね。
筋トレ好きなら必須はHMBです。
HMBマッスルプレスにかかわらず、HMB系のサプリであれば何でも良いのですが、場合によっては、その他のものがごちゃごちゃと混ぜられたものも多いです。
その点、HMBマッスルプレスは、HMBとカルシウムのみ。
カラダに必要で、筋トレ好きな人に効果がある成分だけをチョイスしています。

飲み方とタイミング

HMBマッスルプレスの飲み方は、比較的自由です。
お薬ではなくサプリメントなので、ゆる~く飲むことができます。
もっとも効率が良いタイミングは、運動や筋トレの前に飲むことです。
サプリメントの粒状なので、水やお湯でサッと飲むことができますよ。
即効性を期待して、大量に飲む方がたまにいますが、一度にたくさん飲んでも効き目が増えるわけではありません。
大切なのは、適量をコツコツ摂取していくことです。
HMBマッスルプレスの目安量は、1日6粒、多くても10粒までに抑えるようにしましょう。
この6粒を、一度に飲んでも良いですが、1粒ずつや2粒ずつ、あるいは3粒ずつ飲んでもかまいません。
プロティンドリンクの愛用歴の長い方は、食事と食事の間に、間食代わりにプロティンドリンクを飲む方が多いですが、あの要領で、食間にそれぞれ服用してもよいです。
ちなみに、筋トレがもっとも筋肉育成に効果的な時間帯は、夕方16~18時頃と言われています。
もしも可能なら、この時間帯に筋トレを行うことにして、その前にHMBマッスルプレスを飲むと最高のタイミングと言えるでしょう。
筋トレは必ずしもハードである必要もありません。
まずは10分程度から初めて、せいぜい30分程度で十分で、コツコツ継続させてことが大切です。
また、筋トレは毎日行うものではありません。
これは、超回復といって、筋トレをして、1~2日休むことによって筋肉が回復し、育成されるものだからです。
具体的には、筋トレ→栄養補給→休息→筋肉の成長、の流れになります。
一旦、しくみが理解できれば、筋肉質のボディになるのはそう難しいことではありません。
人間のカラダ、とくに女性よりも男性の体の方が、つくりが単純で、効果が現れやすいです。

危険性と副作用について

HMBマッスルプレスの危険性や副作用はどうでしょうか?
なにしろ含まれている成分が、HMBとカルシウムだけなので、危険性の指摘のしようがありません。
HMBはタンパク質が分解されていった最終末端の物質ですし、カルシウムも安全です。
どちらも本来、体内にある物で、栄養補給に摂取しても、なんら危険はありません。
ただし、何でも過剰摂取はおすすめできません。
場合によっては、効果が半減することもあるようで、HMBを過剰摂取したところ、筋肉が増えないどころか逆に減少した、という研究結果もアメリカで報告されています。
服用は適量を守り、過剰摂取に走らないように心がけましょう。
それ以外の懸念材料になにがあるでしょうか?
本当に効くの?といった懸念かもしれません。
あやしげな錠剤であれば不安かもしれませんが、HMBマッスルプレスの場合は、HMBとカルシウムです。
このHMBは、タンパク質が分解されていった最後の形で、必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質です。
アメリカで1996年に発見され、効能が確認されました。
発見者は、アイオワ州立大学のスティーブン博士でした。
アメリカでは、最初にボディビルダーたちが飛びつき、そこから広く愛用されるようなっていたのです。

ダイエット中の人にはおすすめ出来る?

HMBマッスルプレスは、ダイエット中の人にもおすすめできるのでしょうか?
答えは、イエス!です。
なぜなら、筋肉を付けると、基礎代謝がアップし、ダイエット手段として非常に優れた方法だからです。
一般的に、男女ともに、年齢と共に太りやすくなる傾向があります。
これは、ズバリ基礎代謝がどんどん低下していくからです。
基礎代謝が3000キロカロリーなら、1日に3000キロカロリーを摂取しても太りませんが、基礎代謝が1500キロカロリーの方の場合、3000キロカロリーを摂取したら1500キロカロリーが消費できずに蓄積されてしまいます。
人間のカラダは、約7000キロカロリーで1キロ太るため、毎日1500キロカロリーずつ蓄積していったら、たった4日で体重が1キログラム太ります。
さらにたった1ヶ月で、体重が8キログラム近くも太ってしまうのですね。
ダイエットは非常に数学的に計算することができるんですよ
女性は排卵日の関係からバイオリズムがあり、少々計算が難しいですが、男性はそれがないため、単純計算で予測が可能です。
基礎代謝を測定し、そこから毎日の摂取カロリーと、運動による消費カロリーを計算して、プランを立てることができます。
要となるのが、基礎代謝のため、筋肉をつけて基礎代謝の数値をアップさせれば、何もしなくても脂肪をボンボン燃やすカラダになることができます。
また、摂取できるカロリーも多くする(食事として食べる)ことが出来ます。
たくさん食べているのにスリム体型を維持している人は、この基礎代謝が高いのですね。
そういう恵まれた体型になるためには、筋肉が必須と言えます。
HMBマッスルプレスで筋肉を育てれば、ダイエット地獄に陥ることなく、憧れの細マッチョやスリム体型を維持することができます。
よって、ダイエットにも、HMBマッスルプレスはおすすめと確実に言えます。

プロティンとの比較

プロティンとは、ずばりタンパク質そのもののことで、筋肉の元になるものです。
ですから、筋肉を育てるために、たしかに一定の効果はあると言えるでしょう。
プロティンをたくさん飲んで、筋トレに励むのもそれなりに理由がきちんとあるのですね。
問題は、筋肉育成というゴールまでの道のりです。
プロティンそのものの状態では筋肉にならないため、体内で分解されてHMBにまで変化させる必要があります。
だったら、はじめからHMBを取った方が、効率が良いですよね。
最短距離で走れるわけです。
昔はHMBが発見されていなかったため、一番大きな物質であるタンパク質そのものを摂取することがブームになり、それが定着して今のスタイルになっています。
HMBの発見が1996年で、そこから商品化されるまでに数年がかかり、そして、日本上陸がやっと2010年です。
HMBの存在を知らない方がいても、何ら不思議はありません。
HMBに分解される前のプレティンで飲んでもかまわないのですが、もはや時代遅れと言えるかもしれません。
もしも新しいものに抵抗がある場合は、プロティンと平行して飲むのも良いでしょう。
なんの問題もありませんよ。
もとは同じタンパク質ですから。
分子レベルで、もとの大きさなのか、分解された末端の物質なのかの違いと言ってよいでしょう。

女性にはおすすめ?

筋トレに励む方は、圧倒的に男性が多いため、HMBマッスルプレスは男性専用のサプリメントのイメージが強いです。
しかし、現実的には、女性にもおすすめですよ。
なぜなら、適度な筋肉が付いて、基礎代謝がアップして、明確なダイエット効果が得られるからです。
筋肉がほとんどついていない女性というのもいますが、ダイエットにおいては大変残念なボディと言えます。
基礎代謝が低ければ、ハードな運動をして消費するか、もしくは極端な食事制限によってカロリーを抑えるしか、どちらか2択の道しかありません。
つまり、ダイエット地獄に陥るわけですね。
女性に万年ダイエッターが多い理由が、基礎代謝の問題であり、ひいては筋肉量の少なさによるものと言えるでしょう。
しなやかな筋肉を付ければ、基礎代謝がアップして、寝ているだけでも体脂肪をボンボン燃やせる効率の良いカラダになることができます。
ダイエットの要は基礎代謝ですから、根本的な解決になり、なおかつ、スリムボディを長く維持することができます。
若い女性でも筋肉量の少ない人は多く、さらに年配になると加齢で基礎代謝がどんどん下がっていきます。
本当のダイエット効果を得たいなら、適度な筋肉は必須です。
HMBマッスルプレスは、根本的にスリムになりたい女性の味方のサプリと言えるでしょう。

アマゾンや楽天での購入

HMBマッスルプレスは、アマゾンでも購入ができ、特にアマゾンファンにとっては、気軽で好まれそうです。
さらに楽天でも、HMBマッスルプレスは購入可能で、出店も非常に多いです。
アマゾンと楽天の商品内容を見ていくと、おそらく出店規定による物かと思いますが、楽天の方が購入特典が大きいです。
楽天では、定期プログラムで購入することができるのです。
しかし、結論から言うと、公式サイトはもっとお得なので、どうせ買うなら公式サイトがおすすめです。
商品は同じなのだから、よりお得に、お安く、コースも自分で好みの物をチョイスして購入するのが良いでしょう。
というわけで、買いやすいのはおなじみのアマゾンや楽天の方だと思いますが、公式サイトも必見です。
とりあえず、アマゾン、楽天、公式サイト、の3つ全部を見てみるとよいでしょう。
結局、公式サイトになりますよ。

公式サイトで購入せよ

公式サイトでの購入の仕組みを見て行きましょう。
いろんなコースがあります。
まずは必見の、「マッスル定期プログラム」で、割引からプレゼント、送料無性などの特典付きです。
さらに、「マッスルセット定期プログラム」というものもあって、内と外のダブルサポートで進めていくことができます。
また、余分な物は一切いらないから、とにかくHMBマッスルプレスをシンプルに試したい、と言う場合は、「マッスル1ヶ月プログラム」があります。
これは「プログラム」と書かれていますが、単純にHMBマッスルプレスが1瓶届くだけのもので、お試しコースの立ち位置と言えるでしょう。
さらに、まとめ買いのコースもあり、数によって割引率もアップします。
選び放題で、なにやら悩んでしまいそうですが、基本は「定期プログラム」もしくは、お試し感覚の「マッスル1ヶ月プログラム」がおすすめです。

定期プログラムで間違いなし

定期プログラムをご紹介しておきましょう。
これは、HMBマッスルプレスを定期価格の4950円で購入でき、さらに、初回は半額の2475円で購入できるコースです。
お値段のお得率が高いと言えますよね。
おまけとして、3回目にオリジナルのスポーツタオルがもれなくプレゼントでついてきます。
毎月、割引価格で購入できるのが最大の利点で、変更や停止もいつでもOKのゆる~い定期便です。
毎月届くので、筋肉の成長具合に合わせて、臨機応変に対処できるでしょう。
モチベーションアップにもなりますよ。
HMBマッスルプレスを飲むのなら、まとめ買いするよいも、こちらの定期プログラムの方が良いです。
在庫のリスクもなく、コンスタントに飲むことができて、いつでも停止することができます。
大切なのは、毎日飲むこと、しかも規定量を守ること、なので、毎月同じ時期に商品が届くのはうってつけです。
まずは習慣化させることによって、成果が早く見込めるでしょう。
コツコツ、亀のようにコツコツ。
筋肉の育成において、これ以上の近道はなく、「習慣イズベスト」と言えるでしょう。

まとめ

HMBマッスルプレスの概要がおわかりいただけたでしょうか?
効果は、早ければ1ヶ月程度、遅くとも数ヶ月で出るようです。
そもそも、ライザップが登場するまでは、肉体改造は修行のように長くかかるものと思われていましたよね。
それが今ではたった2ヶ月です。
ボディを改造するのは、そう難しいことではありません。
新しいサプリメント、「HMBマッスルプレス」は、試すだけの価値がありますよ。
元プロボクサーの長谷川穂積さんが広告塔になっていますが、ああいうボディが目指せるでしょう。
ゴリマッチョではなく、ボクサー体型の細マッチョです。
ぜひチャレンジしてみて下さいね。
以上、筋肉育成サプリメント「HMBマッスルプレス」についてのご紹介でした。