ダイエット中の人がメタルマッスルを飲む価値はあるのか

メタルマッスルは、あくまでビルドアップのためのサプリであり、ダイエットには効果が無いという声もあるのある中、実際にメタルマッスルを利用して、ダイエットに成功したという方の口コミもネットではよく目にします。
当サイトでは、はたしてメタルマックスにダイエット効果があるのか、どうすればダイエットに役立てることができるのかを、リサーチしてみました。
さらに今回は、筆者自身がダイエット中にメタルマッスルを飲用したときの使用感のほどを、リアル口コミとして紹介したいと思います。

筋肉をつける事で脂肪燃焼をあげていくことが重要

まず、どうしてメタルマッスルがダイエットに向いているという口コミ・評判があるのかについて考えると、単純に配合成分である

HMB

で体全体の筋肉量が増えれば基礎代謝が上昇、1日の消費カロリーがアップすることが予想されます。
消費カロリーがアップすれば、全く同じ食事をしていても摂取した油、つまり脂質の燃焼量が増えて、脂肪として貯まりにくくなりダイエットになる、という流れを多くの方が想像したのだと思います。
そして、いったん筋肉がついてキープできれば、すでに貯まっている脂肪をエネルギーとして燃やしてくれるため体重を減らす目的だけでなく、成人病などの原因になる

  • 内臓脂肪の減少

にもつながる可能性があるので、健康管理の面からみても一石二鳥です。
ただし、これも筋肉が増えて初めて得られることで、メタルマッスルをただ飲み続けただけで痩せられる、と思うのは大きな間違いです。
あくまでメタルマッスルは、筋肉の材料である必須アミノ酸を補給するのが目的のサプリであり、自分の筋肉をいじめていったん壊し、それが超回復するときに大きく成長するのを手助けするだけのものです。
さらに、メタルマックスの摂取と厳しいトレーニングの成果が出始めて筋肉量が増え、基礎代謝がアップしても、それを上回る脂質・糖質を摂取してカロリー過多になっているケースでは、脂肪が溜まるのを防ぐことはできません。
つまり、

  • ダイエットのための運動+カロリー制限

を続けながらその補助として摂取した時に限り、メタルマックスがダイエットに役立つ可能性が出てくるという訳です。

筆者もダイエット中にメタルマッスルを飲んでみた口コミ的な感想

実は今回、ちょうどダイエットのために軽いウォーキングと、大好きなお酒を少々控えている筆者が、このメタルマッスルを取り寄せ、実際に試してみることにしました。
せっかくお金を出して試すので、できればちゃんと痩せたいそう思った筆者は軽いウォーキングを、近所にあるスポーツセンターでの

筋トレとジョギング

にグレードアップ。
お酒の量を控えるのに加え、夜中につい食べたくなるカップ麺や、年甲斐もなく好きな甘いものなどもかなりセーブをして、そこにメタルマッスルをプラスしてみました。
一袋が160錠入り、1日6粒が目安というので1袋で1ヶ月分となりますが、現在約半分の2週間が経過。
まず変わったのが、ダイエットのために取り入れたランニングや筋トレが、若干楽になってきた気がすること。
若い時はサッカーをやっていた筆者ですが、大きなけがをでやめてからというもの、運動らしい運動はほとんどしておらず、そもそもダイエットを始めたのも、年と共に目立ってきた「ビール腹」を何とかしたかったから。
ダイエットを始めた当初は、筋力が思った以上に衰えていて、軽いウォーキングでもすぐに息が上がっていました。
ですが最近では、ジョギングの途中にダッシュを入れることができるほど、体に力が戻ってくている感じがします。
また、新たに取り入れた筋トレも最初は1日10分程度の軽いもので、翌日はさっそくヒドイ筋肉痛に苦しめられていました。
ですが、このところはそれもなく今後は本格的な器具を使っての、少しハードなトレーニングにステップアップしようかとも思っています。
ダイエットとしての結果を言えば、

2週間で約1kgのマイナス

果たしてジョギングが良かったのか筋トレが良かったのか、はたまたお酒や間食を控えたのが良かったのかは、正直定かではありません。
ですが、運動に関してはこれまで何をやってもすぐに疲れて断念していた筆者が、今回2週間とはいえ続いているのは、ひょっとしたらメタルマックスのおかげで、筋肉量が増えているからかもしれません。
正直、考えていたほど大きくダイエットできた訳ではありませんが、贅肉より重いとされている筋肉にじわじわ身体が転換されているのではないか、という実感はあります。
何より、ダイエットを始めたきっかけでもあるポテッとしていたビール腹が、少々へこんでスリムになった気がして、すごく喜んでいます。
結論的なことを言えば実際に試してみた限り、

「メタルマックスで痩せられる!」

と、断言することはできません。
ですが、運動をしっかりと行うことが原則ではありますが、痩せるための体つくりにはつながっていくのではないかなと、体感した2週間の時点では思っています。