BBB(トリプルビー)の副作用の便秘や下痢はありえるのか?

トリプルビー副作用

・BBB(トリプルビー)に副作用はあり得る?

そもそもBBB(トリプルビー)はサプリメントに分類され、食品に分類されています。
日本では、サプリメントは法律的や行政的な定義が存在しませんが、厚生労働省では便宜上「特定成分が凝縮された錠剤やカプセル形態の製品」と定義しており、食品に分類される健康食品とは分けているが、広い意味ではサプリメントも健康食品の一つとして捉えられています。
ですので、基本的に副作用の可能性は低いと考えられます。
さらにBBB(トリプルビー)はGMP認定工場で生産されているので、安心感が高いです。

BBB(トリプルビー)は広義では食品に分類されていますので、特定の作用が考えられる場合は、アレルギー反応である可能性が高いです。

トリプルビーは以下からどうぞ



・BBB(トリプルビー)の成分を見て考えられる副作用

BBBには筋力アップや美容に効果的な成分が豊富に含まれています。成分から見る効果をアプローチ別に記載していきます。
<筋力アップ効果>
HMB 
必須アミノ酸の一種であるロイシンの代謝物質です。筋分解の抑制と、筋合成の促進が期待でき、高齢化に伴う筋肉量の減少を予防します。
⑵ クレアチン 
クレアチンは、無酸素運動などの強度の高いトレーニング時の筋出力の向上が望まれ、身体能力の向上や筋肥大などの作用があります。
クレアチンの特徴の一つとして、細胞内に水分を引き込む作用があるため、クレアチンを飲む時には多くの水分と一緒に摂取することが大切です。
※ BBBはHMBとクレアチンを併用効果である、筋肉量や筋出力の向上が主たる目的としているので、両者合わせておよそ1600g配合されています。
BCAA 
分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれます。
バリン、ロイシン、イソロイシンがこれにあたり、運動中の筋肉のエネルギー効率の向上や、筋繊維の修復などに役立ちます。
筋分解の抑制と筋合成の促進を促す効果があり、内臓への負担は少なく、摂りすぎても副作用はほとんどないといわれています。
⑷ Lアルギニン 
アルギニンはアミノ酸の一種です。
主にウエイトトレーニンの際の血流量の増加による筋肥大(パンプアップ)の効果があります。
免疫力アップや美肌にも役立つ成分です。
<ダイエット効果>
⑴ Lカルニチン 
Lカルニチンは脂肪をエネルギーに変える栄養素です。
他の栄養素とは代替不可で、脂肪燃焼をサポートする働きがあります。
⑵ αリポ酸 疲労回復、、アンチエイジングなどが効果として期待できます。
また、生活習慣病の予防も期待できます。
αリポ酸の抗酸化作用により、健康的な生活が期待できます。

<疲労回復効果>

⑴ オルニチン 
Lアルギニンから生合成されて主に肝臓内で働きます。
運動前に、オルニチンを摂取しておくと、疲労感やパフォーマンスの低下を抑制したという結果もあり、加えて、脂肪代謝も改善されたという報告もあります。
⑵ クエン酸 
特に疲労回復として有名です。
また、ミネラルの吸収を助ける効能や代謝を良くする効果があります。
ミネラル自体が代謝を良くするのでカロリーの消費量を上げてダイエットの効率化をサポートします。
⑶ イミダゾールペプチド 
運動による疲労対策として最も効果的だったと報告された成分が「イミダゾールジペプチド」です。抗酸化作用があり、疲労を軽くする効果があると報告されています。

<美容効果>

⑴ イソフラボン
抗酸化作用や生活習慣病の予防など、健康的な生活をサポートします。
⑵ コエンザイムQ10
糖尿病,高血圧などの改善が期待できます。
エネルギーの燃焼効率が良くなるため、ダイエットに効果的で、美容にも効果的です。
⑶ 葉酸 
葉酸は、ビタミンがないと十分な葉酸の栄養を身体に補うことができません。
葉酸の摂取にはバランスの良い食事をしビタミンやミネラルも上手に摂っていくことが効果を引き上げるためには必要です。

<その他効果>

⑴ バイオぺリン 
他の成分を効率良く吸収できるようにするサポート機能に期待が出来ます。
⑵ ブラックジンジャー 
脂肪燃焼効果があり、内臓脂肪と皮下脂肪をエネルギーとして消費させる働きがあり、代謝の向上が望まれます。
⑶ ピニトール 
血糖値を改善する作用をもった植物成分です。
また、クレアチンの成分の持久力を高める成分としても知られており、昨今注目されつつある成分になります。

<各種ビタミンの効果>

⑴ ビタミンB1 脂質の代謝促進効果があります。
⑵ ビタミンB2 脂肪燃焼に効果的です。
⑶ ビタミンB6 ホルモンバランスを保ちます。
⑷ ビタミンC 美容効果が期待できます。
⑸ ビタミンD カルシウムの吸収率の向上が期待できます。

・BBB(トリプルビー)の成分を見て考えられる副作用

BBB(トリプルビー)に含まれる成分だけに焦点を当てた際に考えられる副作用について考えていきます。
各種の成分を検討して、成分と副作用の関係を探っていき、抗酸化、疲労回復効果のある成分に関しては、健康補助の目的が大きいため、考えられる副作用の可能性は除外することにし、筋力アップの効果に関しての成分と副作用の関係を掘り下げていくことにします。

⑴ HMBと副作用

HMB単体の摂取の副作用のリスクは極めて小さいです。
しかし、大量摂取した場合は筋肉の増加への減少は可能性として考えられ、運動効率の低下を招きます。
またクレアチンとの併用が効果的であるため、クレアチンの副作用について言及します。

⑵ クレアチン 

クレアチンの副作用の噂は、肝臓や腎臓に悪影響を及ぼすことです。
これは非常に有名なクレアチンの副作用の噂であり、クレアチンを継続的に摂取することを一旦辞める期間が必要であり、この期間を設ける方が多いのも腎臓や肝臓への負担を軽減する為です。
しかし、結論、この副作用は科学的には実証されていません。
副作用の噂は、クレアチンの摂取によって起こる、クレアチンの代謝物質であるクレアチニンの値が高くなることが考えられます。

Lアルギニン 

アルギニンの副作用で最も一般的なのが腹痛や下痢です。
アルギニンを過剰に摂取すると、内臓への負担が増して腹痛や下痢の症状を訴える方がいます
体格や年齢によってこの副作用が引き起こされるかは個人差がありますが、1日5g以上の摂取で腹痛や下痢の副作用が出る可能性があります。
また、アルギニンは単体ですと強いアルカリ性の性質を持っている為、酸性物質と一緒に摂取しないと、消化器官への負担が懸念されます。
アルギニンを必要以上に摂取した場合、肝臓や腎臓に負担がかかります。
これらが、腹痛や下痢の原因の可能性が高いです。

・BBB(トリプルビー)を飲んで下痢、便秘になった?

公式サイト、webサイトの口コミから見ても、副作用に関する意見は少なく、効果を実感できる声が多くありました。摂取量を間違えなければ副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

・下痢や便秘はBBB(トリプルビー)以外が原因の可能性が高い?

そもそも、女性の身体は繊細で、ホルモンの影響や、体内に入る成分や環境により逐一変化していきます。
生理時には、黄体ホルモンの増加の影響により、腸の蠕動運動が弱くなり、その時期はどうしても便秘になりやすくなってしまうのです。
生理期には、負荷がかかりやすいことが便秘の一因であると考えられます。
BBB(トリプルビー)とは直接的な関係はないでしょう。

トリプルビーは以下からどうぞ



・まとめ
BBB(トリプルビー)は容量を守れば、飲むこと自体に問題はなく、変化しやすい体調の変化によって、副作用が起きたとしても、また、直接的な関係の可能性が低い場合でも返金補償の制度があるので安心して飲むことができます。
女性の気軽なボディーメイクの1つの手段としてBBB(トリプルビー)は、ニーズに対応した安全な商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です